ソフトウェア
ハードウェア
システム商品
OEM・特注

精子運動解析

精子運動解析

国産唯一のCASA(精子運動解析装置)です。検査技師の皆様に代わって、[SMAS]が自動的に精子運動量を計測・計算し、表示します。担当者は、視野位置、明るさなどを確認して計測ボタンを押すだけ。ご負担を軽減し、また、検査員の技量経験に依存しないデータ取得が可能となります。
データシートプリントには、WHO精液検査標準化ガイドライン準拠の評価項目がグラフ化されます。研究機関だけでなく、男性不妊治療の病院・クリニックでも、現場向けのシステムとして、ご導入が進んでいます。マクラーチャンバー対応で、ランニングコストのご負担が小さいと大変にご好評です。
また、畜産分野でも、動物の人工繁殖、人工授精に関して精子運動性能を検証する場面で[SMAS]が、ご採用が増えております。 2013年5月 リニューアル発売開始

国産唯一のCASAシステム特設サイトはこちら